BASEBALL BUSINESS AWARD 2011作品 受賞インタビュー

優秀賞 専修大学 奥瀬ゼミナール 企画書作成メンバー:栗原 昌弘さん(作成時4年) 上本 英さん(作成時4年) 岩田 佳子さん(作成時3年) 亀村 知美さん(作成時3年) マーケティング力を駆使し、球場と大学生の想いを結ぶ"恋のキューピット大作戦"。

マーケティング手法を、"野球"に当てはめる。ゼミ課題を活かした提案へ。

Q. 奥瀬ゼミは何をしているゼミですか?

岩田さん:マーケティングの理論を持ちながら、アンケートなどによる消費者行動の調査を行って、その分析をもとに提案を行っているゼミです。

栗原さん:僕たちのゼミは、マーケティングデータを踏まえて、物事を考えていくスタイルなんです。分析をして仮説を立てて、その仮説が本当に正しいのか検証していく。今回のアワードの企画書は、ゼミで僕たちがやっているマーケティング手法に、"野球"というテーマを当てはめていった作業だったので、ゼミで学んだことが活かせましたね。

写真:今回お話しを伺った2人/左から栗原さん、岩田さん

今回お話しを伺った2人/左から栗原さん、岩田さん

Q. アワードに参加しようと思ったきっかけは?

栗原さん:僕自身が、2010年に本アワードの優秀賞を頂いていたので、「今年こそは大賞を獲りたい!」と意気込んで参加しました(笑)そこで、後輩の中から参加メンバーを集めたんです。

岩田さん:私は、先輩と一緒に研究ができるというところに魅かれて(笑)当時の私はまだ研究の経験が浅かったので、今後の勉強になればと思い、参加しました。また、スポーツは好きで興味があったので、私たちのゼミの課題でもあるマーケティングと野球を組み合わせることができたら面白いなぁと思ったんです。

写真:岩田さん

球場と大学生。それぞれの"片想い"を、"両想い"へ繋げる企画へ。

Q. 企画書制作の前に、野球観戦をしたとのことですが。

岩田さん:はい。観戦は楽しかったのですが、同時に、課題点も見つかりました。1つは距離感です。選手と観客との距離の遠さを感じたんです。2つ目は、ターゲット層です。観戦している客層に大学生層が抜けていたんです。なので、大学生が魅かれる企画の必要性を感じましたね。

Q. 企画のテーマは、「恋のキューピット大作戦」でしたね?

岩田さん:はい。実際の球場にも、来場者に向けての施策がありましたが、その施策だけでは、ターゲットである大学生のツボを突ききれていないような気がしたんです。実際に、企画書制作にあたり集計した大学生へのアンケート結果からも、"野球には興味があるけれど、一歩足を踏み出せない"という心理がわかってきて・・・大学生に来てほしい球場側と、野球を楽しみたいと思っている大学生の想いが、すれ違っている気がしたんですね。

栗原さん:球場側も大学生側も、お互いがお互いを"片想い"している状態でした。それなら、僕たちがキューピットになればいいんじゃない?って(笑)そこで、「恋のキューピット大作戦」という恥ずかしいタイトルになりました(笑)

ファンを増やしたいなら、ファンを育成しちゃえ! 発想の切り返しへ。

Q. 企画の軸は、"野球スケジュールに合わせて顧客を育成していく"ことでしたね。

岩田さん:はい。名付けて「顧客育成計画」です(笑)もともと野球への興味が低い大学生層に球場に何度も足を運んでもらうにはファンになってもらうことがポイントだと思ったんです。そして、どうやってファンになってもらおうかと考えた時に、それなら、ファンそのものを育成すればいいんじゃないか、と(笑)ファンを育てれば、ファンが増えるし、ファンが増えれば、集客が増えるという考えですね。

栗原さん:そこで、野球シーズン期間の各段階に、ファン育成のための施策を落とし込んでいきました。開幕からファン育成を始めて、シーズンが終わるころには、すっかりコアファンになっているという作戦です。まさに、巨人愛を育てていくって感じですね(笑)

Q. 具体的なアイデアはどうやって生み出したのですか?

栗原さん:マーケティング手法に沿ってアンケート集計をし、集計を分析して導き出したターゲットの心理をもとに、それを解消するための具体案をそれぞれ考えていきました。

岩田さん:例えば、球場で野球を見る人の心理として「自分もやってみたい。選手のマネをしたくなる」という心理結果が出てきました。そこで、ゴルフのシミュレーションマシンのように野球もバーチャル体感ができれば、自分もやってみたい!という心理を満たせるんじゃないか、と(笑)そこで、"野球の3Dシミュレーション"を考えたんです。

写真:栗原さん

Q. 他のアイデアは何がありましたか?

栗原さん:他には「野球を通して、絆を感じたい」という心理結果が出ていました。また、僕たち自身が野球観戦を通して選手との距離が遠いという思いも感じていて、それなら、選手との"つながり"を感じられる施策があればと思ったんです。そこで生まれたのが、"お気に入りの選手応援専用シート"のアイデアでした。これは自分が好きな選手の専用席で応援できる施策ですが、ファンとしては、より身近に好きな選手を感じることができるので、"つながり"も感じやすくなります。

岩田さん:好きな選手との距離が近づけば、「もっと、応援したい!」と球場に足を運んでくれるので、集客UPにも繋がると考えました。

栗原さん:このように「顧客育成計画」という軸に、具体的なアイデアを落とし込んで、大学生と球場の距離を徐々に縮めるようにしました。まさに"キューピット"みたいに(笑)

写真:栗原さん、岩田さん

浅い経験、少ない時間。難条件をクリアした先に見えた先輩・後輩の"絆"。

Q. 企画書作成は、どのような役割りで進めていったのですか?

栗原さん:3年生が主体になって、4年生の力を借りてやっていこうというのが奥瀬ゼミのスタイルだったので、僕たち4年生が企画の道筋を示して、実際のアイデアは3年生に出してもらいました。それと同時進行でマーケティングの経験値が高い4年生が、ロジック構築など企画書の土台を固めていきました。

Q. 企画書作成のプロセスを教えてください。

栗原さん:野球観戦後、皆でブレストしてテーマを決めていきました。その後、どんなマーケティング手法でいくか決まったら、アンケート集計~分析へと移行していきました。それと同時進行で企画を考えて絞り込み、集計分析や企画案が固まった段階で、企画書を一気に書き上げていった感じです。最後は、皆で徹夜して仕上げましたけど(笑)

Q. 一番苦労した点はどこでしたか?

栗原さん:僕はメンバーのスケジューリングに苦労しました。ちょうど企画書制作期間中に、3年生は大きなマーケティングの討論会がありまして、このアワードと掛け持ちをしている状態だったんです。先輩としては、後輩にそちらも頑張ってほしかったので、調節するのが大変でしたね。

岩田さん:私は、当時はまだまだマーケティング知識も浅かったので、最初はなかなか付いていくことが出来なくて苦労しました。先輩たちが、答えを導いてくれているのですが、その答えを的確に出すことができなくて、歯がゆかったです(笑)

写真:岩田さん

一番のギフトは、先輩直伝で培ったマーケティング力。

Q. 優秀賞を受賞した感想をお聞かせください。

栗原さん:正直大賞を狙っていたので、また、優秀賞か・・・とちょっと落ち込みました(笑)

岩田さん:私個人としては、初めてのアワード参加で、賞を頂くことができて嬉しかったです。けれど、チームのメンバーとしては、大賞を逃して私も悔しかったです(笑)

Q. アワードに参加して何か得たものはありますか?

岩田さん:私は先輩たちと一緒に参加できたのが、一番のギフトでした。先輩たちのやり方を直接教えてもらえるいい機会だったので、"マーケティング力"も上がった気がします。

栗原さん:僕が得たものは・・・・賞金!(笑)そして、1か月という短いスパンでアウトプットすることの難しさを改めて学べました。

"着眼点"が企画の突破口。今年こそは、大賞を獲ります!

Q. 2012年は応募されますか?

岩田さん:はい!今は、チームを募集している段階です。一昨年・昨年と優秀賞だったので、今年こそは大賞を獲りにいきます!

栗原さん:期待しています(笑)

Q. 前年度の受賞者として、今年応募する人へのアドバイスを!

栗原さん:"どこに着眼点を置くか"ですべて決まると思います。なので、野球をいろんな視点から見ていくことがいい企画への突破口かもしれませんね。

岩田さん:野球観戦にはぜひ行った方がいいと思います。そこで試合そのものを見るだけでなく、球場に来ている客層や、球場内でやっている施策などを見て、自分なりに感じたことを大切にしてほしいですね。

写真:栗原さん、岩田さん
アワードスケジュール<2011年実施> 企画書作成プロセス<期間:約1ヶ月>
戻る